薬剤師の仕事内容・資格の取り方・求人の探し方をご紹介

医療系職業ガイド臨床検査技師・理学療法士・薬剤師・看護師になる

薬剤師という仕事

病院や調剤薬局、ドラッグストアなどで活躍している薬剤師。調剤や服薬に関するアドバイス、患者さんの薬歴管理、処方した医師への疑義照会など、業務内容は多岐にわたります。
世の中にあるすべての薬剤に関し幅広い知識を持っており、その知識で患者さんの健康に貢献できるやりがいの大きい仕事です。医療チームの中になくてはならない存在であることや、高給与を目指せるといったところから、資格取得を目指す人は少なくありません。
そんな人のために、薬剤師のなり方、薬剤師のメリット・デメリット、向いている人などについてご紹介。また、現役薬剤師に向けて、転職事情についてもまとめています。

薬剤師という職業を知る

薬剤師とは?

薬剤師は、患者さんの治療に欠かすことのできない重要な存在です。職場によって異なりますが、調剤業務や服薬指導、薬歴管理、疑義照会などを主に行います。提供する薬を通して患者さんの健康に寄与できるため、やりがいの大きい職種です。世の中にあるすべての医療医薬品に関して高度な知識を有しており、調剤薬局やドラッグストア、病院などのさまざまな場所でその知識が求められています。
そのほかにも、製薬会社や行政機関、学校などでも薬剤師は求められており、活躍の場は広めです。
薬剤師を目指している人や薬剤師の仕事に興味をお持ちの人に向けて、薬剤師の仕事内容や活躍の場、将来性など基本的な情報についてまとめてみました。

薬剤師になるには?

薬剤師になるには、薬剤師国家試験を受け資格を取得する必要があります。ただ、薬剤師国家試験の受験資格を得るには、6年制の薬科大学の薬剤師養成課程を修了しなけれなばりません。
こちらでは、薬剤師国家試験の詳細や合格率、大学での学習内容などを詳しく紹介。さらにプラスアルファで取得できる資格や薬剤師の適性、メリット・デメリットについても述べています。
薬剤師は資格の取得が困難で責任を伴う場面が多いですが、その分収入ややりがいは非常に大きい仕事です。記事を読んで薬剤師への理解を深め、自分に向いているかどうか判断してください。

薬剤師の求人の探し方

薬剤師として働いていると、「もっと自分に合った職場があるかも」「今の職場の人間関係がストレスだ」「違う環境でスキルを磨きたいな」など、転職を考えるタイミングが誰しも少なからずあると思います。
しかし、ただただ闇雲に転職活動を進めていては「また同じようなストレスを感じている」「前の職場の方がマシだ」と失敗に終わってしまうことも。そのような事態を避けるためには、事前の情報収集が大切です。このページでは、転職に適した時期や求人の探し方など、転職にまつわるさまざまな情報をまとめています。
自分に合った時期と探し方を知って、転職活動を成功させましょう。そのほか、薬剤師はどんなときに転職を考えるのかについてもご紹介しています。

おすすめ記事ピックアップ

臨床検査技師とは?臨床検査技師とは?医療機関には、医師や看護師のほかにも、さまざまな専門分野で働くメディカルスタッフが活躍しています。中でも、検査のスペシャリストである臨床検査技師についてご紹介。臨床検査技師は、いったい何をする仕事なのでしょうか。具体的な仕事内容やその重要性、活躍できる場所などについてまとめてみました。
また、間違われやすい、臨床工学技士や診療放射線技師との違いについてもご紹介しています。

理学療法士とは?理学療法士とは?理学療法士の仕事についてくわしく説明していきます。
日常を自分らしく過ごすための日常動作の訓練に付き添う理学療法士。その仕事内容とやりがいについてもお伝えします。また理学療法士を目指す人のために、国家資格を受けるために必要なことや勉強内容についても詳しくご紹介しています。
人の回復を見守る理学療法士について知りたいという方のための情報ページです。

薬剤師とは?薬剤師とは?薬剤師についてまとめた情報特集です。

薬剤師の求人の探し方薬剤師の求人の探し方薬剤師さんの求人はどこで見つかる?

カテゴリ一覧