理学療法士に関して、内容や就業場所などをまとめています

医療系職業ガイド検査技師・理学療法士・薬剤師になる

薬剤師とは?薬剤師とは?薬剤師についてまとめた情報特集です。

薬剤師の求人の探し方薬剤師の求人の探し方薬剤師さんの求人はどこで見つかる?

カテゴリ一覧

理学療法士とは?

理学療法士とはどんな仕事?

ドクターの診療を受けた患者さんに、回復までのアプローチのアドバイスとサポートを行っていくお仕事です。理学療法を行うともいいます。主に身体の機能障害にある患者に、できる限り通常の動作ができるための機能訓練を行い、正しい知識で回復までのケア、筋力アップの指導などを行っています。
また、電気刺激や温熱などを利用した回復を促進させるための行為、理学に基づいたマッサージを行うこともあります。
いずれもプロとしての正しい知識を持ち、怪我や病気による障害から身体が正常な運動をできるようになるまでのリハビリテーションにおいて先導の役割を担う、回復にとても重要な役割を果たすお仕事です。

理学療法士が活躍している職場

病院やクリニック、リハビリセンターなどの医療機関がもっとも理学療法士が活躍している場となっています。
おおきなリハビリ回復センターで就業することもあれば、スポーツ外来などのある町の整形外科に勤めている方もいるので、一口に医療現場といえど、さまざまな環境に違いがあります。
また、医療機関によって、患者さんの症状や重さにもおおきな違いがあり、総合病院や回復センターなどでは、他の専門スタッフと連携をとりながら仕事にあたるケースもおおくあります。
また高齢化社会の中で、福祉の現場でのニーズも高まっており、日常機能の回復訓練などを行っている介護施設でも活躍している理学療法士もいます。

言語聴覚士、作業療法士とは?

理学療法士は、特にリハビリメインの医療機関では、言語聴覚士や作業療法士とともに仕事を行うことがおおくあります。 言語聴覚士とは、口やのど、耳など、発声や咀嚼などに障害のある方に対し、機能回復訓練を行う専門家のことです。これらの疾患の要因は、心的要因もあれば、手術によるもの、病気によるものなど原因に違いがあり、理学療法と平行してすすめられることが多くあります。
また作業療法士は、メンタル障害、身体障害、発達障害、高齢老化に関連する障害など、日常の動作が難しくなった方に対し、日常動作の機能訓練を行う人のことです。理学療法士とともに、「その人らしい生活が自分で送れる」お手伝いをするのが仕事です。

いずれも国家資格のいる職業であり、共に働く機会の多い専門職です。


おすすめ記事ピックアップ

検査技師とは?検査技師とは?医療現場で重要な役割を担う検査技師という仕事。しかし、その仕事については詳しくは知られていません。
検査技師とはいったいどのような仕事をするのでしょうか。検査技師の大きな仕事の2種類である検体検査と生理機能検査の内容についても詳しくご紹介。
さらに検査技師になるための必要な国家資格を受験するまでの道筋もくわしくご紹介していきます。
さらに検査技師として仕事を探す際におすすめの求人検索の方法まで知ることができます。

理学療法士とは?理学療法士とは?理学療法士の仕事についてくわしく説明していきます。
日常を自分らしく過ごすための日常動作の訓練に付き添う理学療法士。その仕事内容とやりがいについてもお伝えします。また理学療法士を目指す人のために、国家資格を受けるために必要なことや勉強内容についても詳しくご紹介しています。
人の回復を見守る理学療法士について知りたいという方のための情報ページです。