看護師の転職成功率アップのための求人の探し方

医療系職業ガイド臨床検査技師・理学療法士・薬剤師・看護師になる

薬剤師とは?薬剤師とは?薬剤師についてまとめた情報特集です。

薬剤師の求人の探し方薬剤師の求人の探し方薬剤師さんの求人はどこで見つかる?

カテゴリ一覧

看護師の求人の探し方

直接応募している病院を探す

通勤可能な範囲内にある病院や、自分が働きたい科目を有している病院、夜勤がない無床のクリニックなど、自分が働きたいと思える医療機関があれば、直接インターネットで「○○病院 看護師 求人」などと検索すると情報がヒットします。
病院名だけで検索しても、サイト内に求人情報のページを設けているところが多いので、かんたんに見つけられるでしょう。
採用情報を見て直接応募するというのは、病院側に熱意をアピールでき好印象を与えやすい方法の1つです。病院側も、「直接応募してくれる方を優遇します」と提示しており、自己応募を歓迎しているところは少なくありません。
電話やメールなど、病院が指定する方法で応募したあとは、見学・面接・採用までスムーズにやり取りできます。人材紹介会社などを介さず直接やり取りできるため、フローが早く進むことも直接応募のメリットだといえます。

ただし、有給は取りやすいのか、離職率は低いのかといった確認や給与交渉などを、すべて自分一人で行う必要があります。内容によってはなかなか聞きづらい部分もあるため、個人でのリサーチに限界を感じやすいでしょう。

知り合いの紹介で探す

友人や先輩など、実際に働いている知り合いからの紹介で仕事を探す看護師も多くいます。実際に内情をよく知っている人からの紹介なので、残業時間の程度や人間関係、忙しさ、給与、福利厚生などを知ることが可能。自分だけではリサーチしづらい内部の情報まで得ることができるため、入職後に「思っていたのと違う」といったミスマッチも起きにくいでしょう。
また、病院側にとっても、働いている職員からの紹介のため信頼が大きいというメリットも。「○○さんの紹介なら」と、採用に踏み切りやすいといえます。

ただし、見学や面接などを通して、万が一自分に合わないと思った場合に断りづらいというデメリットも。紹介者に迷惑をかけないようにというプレッシャーがあるという声も多く聞かれます。

転職サイトで探す

転職サイトとは、求人情報を多数掲載しているサイトのことを指します。人手が欲しい雇用者と、仕事を探している求職者をマッチングするのが主な役割です。雑誌や新聞広告などよりも掲載件数が多いのが大きな特徴。膨大な母数のため、自分に合った求人と出会いやすいというメリットがあります。
また、インターネット環境さえあれば24時間365日好きな時間に求人を検索することができるのも大きな魅力の1つです。スマホやタブレットであれば、外出先や休憩中など、場所を選ばずに仕事を探すことができます。
看護師は、全国的に人手不足の職種です。そのため、看護師を対象とした転職サイトはたくさん存在しています。失敗しない転職のために必要なのは、自分に合った転職サイトを探すこと。「いろいろなサイトがありすぎてどれを選べばいいのか分からない」という人におすすめなのが、「看護のお仕事」です。

「看護のお仕事」は、多数の求人情報を公開しているだけでなく、専任のアドバイザーがプロの視点で転職をサポートしてくれます。マンツーマンでのカウンセリングや、普段は非公開にしている優良求人のご紹介、給与の交渉など、看護師一人ひとりのニーズに合わせたサービスを提供しています。
病院とこまめにコミュニケーションを取り情報を日々更新しているため、看護師長の人柄や職場の雰囲気、定着率、有給の取りやすさなど、自分ではなかなかリサーチしづらい職場環境に関する情報も事前に収集できます。入社後のミスマッチを防ぐための支援に注力しているのが特徴です。
また、LINEでのやり取りにも対応しているため、「働きながら次の転職先を探したい」「電話できる時間が限られている」という方にも適しています。電話連絡よりも気軽にコミュニケーションを取れるので、自分のペースで無理なく転職活動を進められるでしょう。

ハローワークで探す

国が管轄する公的な機関、ハローワーク。全国に約660カ所あり、無料で誰でも就職に関する相談をすることができます。仕事探しをしようと思ったら、まずはハローワークに行ってみるという人も少なくありません。
雇用者側も利用者側も無料で利用できることから、人材を求める企業と仕事を探す求職者の架け橋となってさまざまな人の就職をサポートしています。
例にもれず看護師もまた、ハローワークで求人を探すという方もいるようです。看護師と職種を絞って検索すれば、病院やクリニック、介護施設など、看護師を求める事業所が多数ヒットするでしょう。

注意しておきたいのは、掲載されているものが優良求人ばかりではないということ。事業所側も無料で掲載できるため、求人情報と実際の勤務条件が異なっていた、という劣悪な求人も中には存在しているようです。また、職種問わずさまざまな求人を取り扱っているため、ハローワークの担当者が看護師求人に特化していないというところも留意しておきましょう。
ただし、地域雇用を促進していることから、ハローワークは地元求人に強いというメリットがあります。地域の医療に貢献したい人には、身近な病院を見つけやすい方法だと言えるでしょう。

雑誌や広告で探す

タウンワークやan、求人ジャーナル、バイトルドットコムなどの求人情報誌や、折込チラシ、新聞広告など、紙媒体でも求人を探すことができます。これらは、地元求人に強いものの、専門性の高い求人は少ない傾向にあるというのがデメリットです。
また、誌面上の都合で掲載できるスペースには限りがあるため、最低限の情報しか掲載されていないことも留意しておきたいポイントの1つ。上記でご紹介したようなほかの方法と併せて活用するのはおすすめですが、紙媒体のみで求人を探すというのは避けたほうが無難でしょう。

仕事探し前に、譲れないポイントの棚卸しを

仕事を探すということは、今の職場になにかしら不満があるために転職を考えたということです。やみくもに求人を探し転職活動を進めても、「転職しないほうが良かった」と後悔する結果になってしまうかもしれません。
そこで、仕事探しの前に行っておきたいのが、今の病院のどこに不満を感じているのか、転職先の病院に何を求めているのかを書き出して整理することです。例を出してみましょう。

【転職したい理由】

  • 勉強したい科目への異動ができない
  • 有給が取りづらい
  • 勉強会や研修が勤務時間外にある
  • 残業が多い
  • 介護的な仕事が多い
  • 休みづらいため、子どもができたときに両立が難しそう
  • 通勤が困難

上記のような不満点がある場合、転職先に求めるポイントを見つけることができます。

【転職先に求める条件】

  • 配属先の希望を考慮してくれる
  • 有給を取りやすい
  • 勉強会や研修が勤務時間内にある
  • 時間外労働が少ない
  • ナースエイドが充実していて看護の仕事に専念できる
  • 育児や介護など、家庭との両立がしやすい
  • 片道20分以内の通勤距離

このように、なぜ転職をするのかという理由を深堀りしておくことで、仕事探しの軸を決めることができます。自分に合った求人を探しやすくなるほか、転職を成功させやすいといえるでしょう。
ただし、挙げた条件すべてをクリアする病院はなかなかないかもしれません。あらかじめ優先順位をつけておき、最低限の譲れないポイントまで決めておくことをおすすめします。


おすすめ記事ピックアップ

臨床検査技師とは?臨床検査技師とは?医療機関には、医師や看護師のほかにも、さまざまな専門分野で働くメディカルスタッフが活躍しています。中でも、検査のスペシャリストである臨床検査技師についてご紹介。臨床検査技師は、いったい何をする仕事なのでしょうか。具体的な仕事内容やその重要性、活躍できる場所などについてまとめてみました。
また、間違われやすい、臨床工学技士や診療放射線技師との違いについてもご紹介しています。

理学療法士とは?理学療法士とは?理学療法士の仕事についてくわしく説明していきます。
日常を自分らしく過ごすための日常動作の訓練に付き添う理学療法士。その仕事内容とやりがいについてもお伝えします。また理学療法士を目指す人のために、国家資格を受けるために必要なことや勉強内容についても詳しくご紹介しています。
人の回復を見守る理学療法士について知りたいという方のための情報ページです。